がん保険の加入前に知っておきたい2つのこととは何か?

がん保険への加入を考えている人が増えています。
なぜならがんは国民病とも呼ばれるほど多くの人がわずらっているからです。
さて、そんながん保険への加入前に知っておきたい2つのことがあります。

まず最初に知っておくべきことは、がんになってからは加入できないということです。
これは当然といえば当然かもしれませんが、人はなかなか自分が健康なときには保険のことを考えないものです。

また、若いときに加入したほうが保険料も安く、保障も一生涯にすることができます。
逆に年齢を重ねてからがん保険に加入すると保険料が高く、家計を圧迫してしまうかもしれません。
ですので、若いうちからがんへの備えをしておく必要があります。

次に知っておくべきことは保障開始まで待ち時間があるということです。
他の保険は契約してからすぐに保障が開始しますが、がん保険は違います。
90日間経ってから保障が始まるのです。
もしその間にがんになってしまったならどうなるのでしょうか。

この場合は、保険金が支払われず、非常に残念な結果となってしまいます。
こうしたことにならないように早いうちから備えをしておくことは非常に重要です。
がんになってしまってからでは遅いのです。